マツエクとは、マツエク商材とは

まつげエクステを略して、マツエクと言い、人工的なまつげを付けることを指します。

ではマツエクとつけまつげはどのように違うのでしょうか?それはまつ毛の種類が違います。

つけまつげは、まつげが一つにかたまっているのに対し、マツエクのまつ毛は毛が1本1本バラバラになっています。

そして地まつ毛の間に、人工まつげを一つずつ接着させるので、自然な仕上がりとなるでしょう。

接着方法ですが、グルーと呼ばれる専用の接着剤を使います。

そして地まつ毛の生え際の約1mmのところに人工まつ毛を接着させます。

接着部分は目立ちません。

このように自然に見えるのがマツエクの特徴となっています。

一方、つけまつげは、地まつ毛となじみにくく、不自然に見えてしまうでしょう。

また取れやすいというデメリットもあります。

しかしメリットは、簡単に取り付けられることです。

まつ毛がまとまっているので、1本1本接着する手間がかかりません。

では次に、まつげエクステンションの種類についてご紹介したいと思います。

主に3種類の商材に分けられています。

まず一つは、ミンクラッシュと呼ばれています。

これはシートの上にまつ毛が並んでいて、毛が起き上がっているものです。

必要な分だけと取り出すことができ、ケースで管理されているので衛生的と言えるでしょう。

もう一つは、シルクエクステで、これはまつ毛がバラバラに収められています。

そして最後に、ボリュームエクステがあります。

これはまつ毛が6本から10本まとまっていて、一度にたくさんつけたい方にお勧めです。

このように色々な種類の商材があるので、用途やテクニックに応じて選ぶようにしましょう。